amirisu リトリート:ワークショップについて

リトリート、とはいえワークショップも大事。
3人の講師によるワークショップの内容を紹介します。
そして今回、海外の人気糸メーカー4社が教材とヤーン・テイスティングに糸を提供してくれます!


         
 

まずは、amirisuのパートナーでもあるオチアイトクコさんのクラス。トクコさんは2種類のクラスを担当します。
クラス1:レース模様のスヌード
レベル:初心者(編み物未経験者も大丈夫!)
海外の人気毛糸ブランド、Quince & Co.の毛糸を使ってスヌードを編みます。
編み物をやってみたいけれども、どうしてもその一歩が踏み出せなかったあなた。それはどうしてでしょうか。難しそうだから?それとも簡単そうなものはオシャレではないから?編み図が読めないから?大丈夫!簡単でオシャレな編み物、あるんです。

今回は、編みやすく、見るだけで嬉しくなるような海外の糸を選びました。
日本には無い、素晴らしい色展開です。色は事前に選んで頂けます。また、パターンはわかりやすい文章パターン。書いてある通りに編めば出来上がりますよ。
一度編み方さえ覚えれば、次のステップは簡単です。このクラスがその足がかりになればと思います。

また、英語と日本語、両方のパターンを用意し、英語パターンがどう構成されているのかを丁寧に説明しながら編み進めます。英語パターンの基礎を学びたい方にもピッタリです。みんなでおしゃべりしながら、楽しい編み物時間を過ごしましょう。



クラス2:編み物レベルアップ講座
レベル:初心者〜中級
1人で編み物をしていると、ふと不安になることありますよね。
「私の綴じはぎは合っているのかしら。」「もっといい技法はないのかしら。」そんな疑問や不安をこの講座で解消しましょう。

よく使う便利な作り目・伏せ目の紹介、綴じはぎ・編込みの基本的なやり方などを織り交ぜた、小さな編地を編み、最後はアームウォーマに仕立てます。もちろんパターンは英文パターン。そちらの読み解き方も紹介します。使用糸はBrooklyn TweedのLoftです。

現在、世界では編み物の新しい技法が次から次へと誕生しています。日本では紹介されていない技法、本当にたくさんあるんです。このクラスで色々な技法を試し、編み物の自由さを感じて頂ければと思っています。
さあ、次はあなたが技法を考える番かもしれませんよ!



次はamirisu3号でもフィーチャーした、日本に在住経験もあるオルガの中級クラス。
クラス1:デザイン・インスピレーション(モチーフを使うって?)
レベル:中級
オルガ自身がこれまで身につけてきたデザインの手法やインスピレーションについて教えてくれるクラス。最初に説明するのは、編み地がどのように変化するのか、それをどうやって予測するのか、という話。その知識をもとに、オルガがデザインした3つのモチーフから好きなものを選び、参加者独自の小物(スヌード、スカーフ、ショール、帽子、リストウォーマーなど)のデザインに挑戦します。 材料は八布などのストレートヤーンを使用します。





クラス2:デザイン・インスピレーション(モチーフを創るって?) 
レベル:中級 
インスピレーションの源としてどんなところに目を付けたらいいのか、それをどのように記録するのか、編み模様に変換するにはどうしたらいいのか。その技術を学ぶクラスです。アイデアに合った素材を選び、編み地に仕上げるプロセスを教えます。スケッチやチャート、スウォッチの仕方に加え、出来上がった編み模様をどうやってユニークな作品に仕上げたらいいか、オルガの方法を紹介します。
オルガがデザインした沢山のスウォッチを見られるチャンス。苦労の跡が伺えるはず、とのこと。


3人目の講師は、皆さんもご存じのセキユリさんのクラス。
セキさんといえばグラフィックデザイン、北欧仕込みの織物やバンド織など、様々なクラフト手法や作品作りに精通し、サルビアという会社を主宰しています。今回はスタンプを使ったファブリックプリントを教えて頂きます。
クラス1&2(共通)
レベル:特になし 定番のスタンプに加え、自分でイメージしたモチーフから、消しゴムのスタンプを自作します。どんなデザインが展開しやすいか、可愛く仕上がるか、説明します。そして、先生お勧めの色のスタンプを使って、作品の制作に入ります。
最初は紙を使って練習。最終的にはフォグリネン製のバッグに、思い切って「えいっ!」スタンプを押していきます。
スタンプの作り方、配置の仕方、インキの選び方、他の作品への応用など、幅広に指導します。

※ 以上のワークショップで使う材料は全てこちらで用意します。

amirisuリトリート:プログラムについて

プログラムの全体像について、簡単にご説明します。
まず最初に伝えたいのは、2時間コースの編み物講座や1泊2日のワークショップと、リトリートは全く別ものであるということ。3泊、4泊のリトリートの目的は1泊2日のものとは全く異なります(amirisuリトリートは3泊です)。




一番の目的は、技術の習得ではなくて「自分をリセットする」ということ。
これを、素晴らしい環境のなかで好きなことに集中しながら行います。
環境がとても大事なので、団体客が泊るような普通のホテルでは駄目なんです。そんな環境を実現するため、何年もかけて実際に旅をしながらロケーションを探し回りました。アートビオトープは質の高い施設ながら、こじんまりともしていて、リトリートで貸し切りにさせて頂くことができました。



もうひとつの目的は「参加者同士のシナジー」。同じ興味を持ち、リトリートという未知の世界に1人で飛び込んでくるエネルギーの持ち主。30人が集まって3日間過ごすことで、お互いの気持ちを高めあい、励ましあい、創造性を発揮する勇気をくれるのです。最初の2日間くらいは皆様子見で、この雰囲気が生まれてこないので、3泊どうしても必要でした。




3つ目になって、ようやく「好きなクラスを取ること」が挙げられます。クラスについては、また別個に説明しますね。

3泊と言いましたが、会社を2日休む必要はありません。初日の木曜日、もし東京近郊にお勤めなら、5時に会社を出て新幹線に乗れば、十分那須まで間に合います(1時間早退すれば、さらに完璧)。初日のウェルカムディナーが遅めの時間スタートなのは、そんな理由からです。荷物は前日にアートビオトープ宛で送るという手も。
つまり、金曜日1日お休みすれば、参加できます。

1日目、美味しいご飯を食べた後はゆるりと自己紹介をしてお互いを知り合い(30人弱なので簡単)、早めに就寝。
2日目と3日目は朝、森のコンシエルジュ・ウォークを予約できます。2日間参加するというのも可能。散歩のあとに朝食を食べ、10時すぎからワークショップのスタートです。
天気が良ければ中庭に椅子を並べて、外でワークショップというのも考えています。
2日目の自由時間に企画しているのは、写真のワークショップ。amirisuの写真を撮影して下さっているプロのファッション写真家、鏑木希実子さんが撮影のコツを伝授してくれます(参加は希望制)。編みあがった作品を持参して、参加者同士撮影しあうのを、鏑木さんに指導して頂きます。写真も習えてプロジェクト写真も持って帰れる。一挙両得ではないですか。
3日目のランチは石窯でピザを作ります。詳細はアートビオトープの紹介をご覧ください。ディナーでは、最後の晩なので、それまでの作品の見せあいっこをしながら、和気あいあいと美味しいご飯を頂きましょう。作品展示も企画中です。
4日目、日曜日の朝ごはんを食べ、みんなで写真撮影をしたら解散です。そのあと那須エリアを回ってから東京に帰ってもよし、オプションでそば打ち体験や陶芸体験もご用意しています。こちらはアートビオのプログラムのため別途料金がかかりますが、先生にじっくり教えてもらえるのでとてもおススメです。私もここで陶芸をしたことがあります。



全体感はこんな感じです!結構盛りだくさんなので、出来ればもう1日増やしたいくらい。楽しんで頂けると思います!

おっと、とはいえ、水曜日や木曜日に早く来て、アートビオトープに泊りながら二期倶楽部のスパでエステ三昧、なんていうのもありだと思います。その場合は宿を押さえますので、お知らせくださいね。


amirisuリトリート: 
開催場所のアートビオトープについて

リトリートの開催場所となる、那須のアートビオトープについてのご紹介。





那須塩原駅から送迎バスに揺られて20分ちょっと。横沢の森の中にある宿泊施設です。


敷地内にはダイニングカフェとギャラリー、そしてガラス工房・陶芸工房が併設しています。アーティスト・イン・レジデンスを行っている関係で、滞在アーティストの方々が作った作品が点在。自然とアートに溢れた場所です。
共有スペースであるラウンジでは、敷地内で取れたハーブティーが飲み放題。ゆったりとした時間を楽しめます。


そしてなんと言っても、アートビオトープを運営するのは二期リゾート。かの二期倶楽部が隣にあり、敷地の中を散策し、スパや露天風呂も使用可能で、食材も二期倶楽部の敷地にあるキッチンガーデンから供給されています。二期倶楽部のほうは1泊10万円コースであることを考えると、とても幸運な位置関係です。


その地の利を生かし、今回は二期倶楽部さんのプログラムであるピザ作りを取り入れています。
キッチンガーデンで好きな野菜やハーブを収穫し、ピザの上に思い思いに乗せてから、石窯で焼きます。焼き時間はあっという間。アツアツのピザを頂きます。


去年朝の散歩中に取ったカタクリの群生。

もうひとつ、二期倶楽部さんのプログラムとして、森のコンシエルジュに案内してもらう朝の散歩があります。季節の植物や森の動物たちの話を聞きながら、横沢の自然を堪能する1時間。早起きする価値ありです。


また、個人的にとても楽しみにしているのは暖炉付きのツリーハウス。川辺にあり、外観も中もとっても素敵なこの場所で編み物をしたら楽しいだろうな~、と夢膨らませています。


5月に那須でお待ちしてますよ!勇気を出して、来て下さい!




アートビオトープ那須
http://www.artbiotop.jp

4号トランクショー開催!

amirisu4号リリース記念として、3月1日東京で、21日〜25日大阪でトランクショーを開催します。両会場ともに、展示作品を見て触って楽しめます!また、WS、ニットカフェも開催。
以下、詳細です。みなさまとお会い出来るのを楽しみにしています。


  • トランクショー東京
    • 日にち:3月1日、10時15分〜17時まで
    • 場所:Multi Culture Space SALAD BOWL
      • 〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4-29-11 833ビル1F
      • http://www.salad-bowl.info/
      • 東急田園都市線 用賀駅 徒歩8分、東急田園都市線 / 大井町線 二子玉川駅 徒歩15分 
    • ワークショップ
      • 帽子Prebleのワークショップ。最初の作り目がとてもユニークな帽子です。みなさんで新しい技法をやってみましょう!
        • 時間:10:30~12:30
        • 代金:6,500円。毛糸とパターンも付いています。
        • 先着6名。
    • ニットカフェ。英文パターン、amirisuパターンを持ち寄り皆んなで編みましょう。常日頃の疑問質問にお答えしますよ!
      • 時間:14:30~16:30
      • 代金:2,500円。お茶付き
      • 先着6名
    • キット販売
      • たくさんの糸をご用意しています。詳細は4号をご覧下さい。
      • 印刷パターン販売も合わせて販売致します。

ワークショップのお申し込みはamirisu.info@gmail.comまで。お名前、ご住所、電話番号をお知らせ下さい。
(キャンセルは2/26までの連絡が必要です。)

  • トランクショー大阪
    • 日にち:3月21〜25日
    • 時間:リネンバードのオープン時間、最終日は16時まで
    • 場所:リネンバード北浜 
      • 大阪市中央区高麗橋1-7-3、北浜駅直結
    • amirisuの2人は下記の日程で在廊します。
      • 21日(金)10:30~17:00
      • 22日(土)10:30~15:00
    • ワークショップ:ニットカフェ形式のワークショップ。amirisuパターン、英文パターンを持ち寄り皆んなで編みましょう。分からないところは、丁寧にお教えします。
      • 日程:3月21日(金)、22日(土)、各1回
      • 時間:11:00~13:00
      • 2,000円(お茶代別)
      • 定員:6名
    • 印刷パターン販売
      • 4号を中心に、過去の人気作品を含め、印刷パターンを販売します。この機会にどうぞ。
ワークショップのお申し込みはamirisu.info@gmail.comまで。お名前、ご住所、電話番号、参加日をお知らせ下さい。
(キャンセルは3/17までの連絡が必要です。)